日本 / 日本語
You're looking at the 日本語 version of the website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. Choose a different version of the website here.

2020年の#GoByBikeによる効果 昨年の春、私たちは地球と人々の健康のためにこの運動を始め --- そして一人ひとりが変革を起こした。  

2020年の#GoByBikeによる効果 昨年の春、私たちは地球と人々の健康のためにこの運動を始め --- そして一人ひとりが変革を起こした。  

トレックは2020年5月、自転車を交通手段として選ぶことを世界中の人々に呼びかける運動を始めた。参加方法は簡単。毎週1回の車の代わりに自転車で移動し、#GoByBikeというハッシュタグをつけて日々の記録を残し、他の人にも同じことをしもらおうと呼びかけるものだった。

数えきれないほどの世界各国からの投稿に、心が動かされたはず。長い間忘れ去られていたバイクのホコリを吹き取って、再びバイクに乗る勇気を見せてくれた人もいた。バイクで買い物に出かけたり、子供と一緒に近所をサイクリングした人もいた。経験豊富なサイクリストであってもその多くが、バイクに乗るというシンプルな行為を、新たな視点で見た。

#GoByBike運動の最初の年は、何万人もの人々が地球のために行動を起こすきっかけとなった。

#GoByBikeが2年目を迎えるにあたり、この運動から得られた重要な知見をいくつか共有し、さらには次の方向性をお伝えしたい。

2020年、私たちはウィスコンシン大学公衆衛生学部と提携し、サイクリングが私たちの健康、社会、環境に与える影響についての調査を行った。結果の詳細は2021年半ばに発表される予定だが、今お伝えできるのは、バイクを選ぶ方が地球に良いことのは間違いない、ということだ。

この研究の初期の調査結果によると、米国の人口の1割が毎週1回の車での移動をバイクでの移動に変えれば、大気の質の改善や地球温暖化の原因となる炭素汚染の回避など、世界的に何十億ドルもの利益が得られることがわかっている。

2020年5月以降、少なくとも68,000人が#GoByBikeを選択し、ハッシュタグ #GoByBike を使った投稿で他の人を鼓舞し続ける。そして何より注目すべきなのは、この運動への参加者が世界中で毎週2,000~3,000人の新規ライダーを獲得し、着実に成長していること。

この不透明な1年の中で、自由と楽しさを求めて、これまで以上に多くの人が自転車に頼るようになった。#GoByBikeの数多くまとまった行動が変化をもたらしたのだ。そしてこれは始まりに過ぎない。

共に、#GoByBikeの2年目をさらに良いものにしていこう。はじめ方が分からない? 私たちがお手伝いします。

2021年を快適に、そして自信を持って #GoByBike の年にするために知っておくべきこと、快適な通勤方法、買った荷物をバイクで運ぶ方法、自転車道でのエチケットとは、などのあらゆることをここで学べる。

#GoByBikeへの参加方法

1. 週に1回以上、自動車や電車ではなく自転車で移動する。
2. ライドの写真をハッシュタグ#GoByBikeと共に投稿し、メッセージを広める。
3. 仲間をタグ付けして、この運動に呼び込む。

#GoByBike

週に1回以上、移動手段に自転車を選び、環境改善に取り組もう。
#GoByBike に参加しよう

About the Author: Trek

Our mission: we build only products we love, provide incredible hospitality to our customers, and change the world by getting more people on bikes.