日本 / 日本語
You're looking at the 日本語 version of the website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. Choose a different version of the website here.

暑い日のサイクリングアパレル そろそろ暑い季節がやって来る? 夏に着るべきウェアを紹介しよう。

暑い日のサイクリングアパレル そろそろ暑い季節がやって来る? 夏に着るべきウェアを紹介しよう。

晴れた日にライドをすることほど気持ちのいいものはない。しかし、気温が上がれば、楽しかったはずのライドもすぐさま耐えられないものになる。

そこで、毎日の通勤や夏の日のロングライドに出かけるサイクリストたちに、暑い日でも快適にライドを行うためのコツを紹介しよう!

風を取り込みやすいマウンテンバイク用アパレルを活用する

マウンテンバイクアパレルは、従来のサイクリングウエアのメリット全てに加え、通気性も良い。パフォーマンス重視の素材、サイクリング専用のフィット、ライドの必需品を入れられるストレージを備え、暑くなりそうな日でも風を取り込み、体を自由に動かせるのだ。

 

ベースレイヤーは必ず着る  

ベースレイヤーは寒い日のためだけにあると思っていないだろうか? もう一度考えて欲しい。暑い日にベースレイヤーを着ることで、肌から湿気を素早く遠ざけ、涼しく過ごせるようになる。

 

日陰の多いルートを選ぶ

暑くなれば、木々や建物の多いルートを選ぼう。ちょっとした日陰でさえ、暑い日は大きな効果がある。

日焼け止めを忘れない

こんがり焼けた小麦色の肌は健康的で素敵だが、日焼けはヤケドの一種。熱が体内にこもりやすくなり、疲労がたまってパフォーマンスが落ちる。長く、そして速く走るためにも日焼け止めは必ず使おう。汗をかいても落ちにくいスポーツ用タイプがおすすめ。

ボントレガーは、アームカバーサイクリングキャップなど、日焼け止め以外の対策アイテムを販売している。

 

時間にゆとりを持つ

暑い日に通勤するなら、時間に余裕を持ち、普段よりも早めに家を出よう。こうすることで、よりゆっくりと走り、汗が出るのを最小限に抑えられる。目的地に到着したら、着替えをする前に、数分間待って体を冷まそう。

 

水 > コーヒー 

うだるような暑さの日は、コーヒーをライド後に飲むようにしよう。カフェインには、ナトリウムと水を通常よりも早く排出させる利尿作用があるが、そのどちらも暑い日のライドでは体に欠かせない成分だ。そこで、ライド前はコーヒーの代わりに水を飲もう。ボトルケージを取り付ければライド中も簡単に水分補給ができる。

 

バックパックの代わりにリアラックとパニアを使う

バックパックは、荷物の持ち運びに適しているが、ライド中の風の流れを絶ってしまう。荷物をリアラックに取り付けたバッグかパニアで運べば、体はもっと涼しくなる。

 

この記事を書いた人: Trek

Our mission: we build only products we love, provide incredible hospitality to our customers, and change the world by getting more people on bikes.