日本 / 日本語
You're looking at the 日本語 version of the website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. Choose a different version of the website here.

Great Ride Series: エレン・ファン・ダイク

Great Ride Series: エレン・ファン・ダイク

Trek-Segafredoのこのライダーは、天候に勝とうとせず、受け入れる。

ヨーロッパ低地のシーズン序盤のレースに、出たいと思う人は少ないはずだ。雨、寒さ、風に常に見舞われ、石畳やありえないほどの急坂が、ほとんどのライダーの気持ちを削ぐのも理解できる。

しかしこの劣悪なレースに進んで挑むレーサーもいる。ジャーナリストは、コースに並ぶ観客を神話のように書く。数百万人の観客は、雨に打たれ、膝まで泥に浸かりながらコース脇に並び、声が枯れるまで声援を浴びせる。それを知らない者にとって、その光景は狂気だ。

しかし、ドワルス・ドール・フラーンデレンのコースに使われるコースを観れば、そんな表現にも納得できるだろう。Trek-Segafredoのエレン・ファン・ダイクは、そんなよく知られた道路が好きで、強さ、持久力、爆発的な瞬発力に恵まれており、この地で成功した。彼女は、外国の快適な地で長年レースをしてきたが、ティールトからワレヘムまで走る毎年のレースは、依然として彼女のお気に入りだ。

「ドワルス・ドール・フラーンデレンはシーズン序盤に開催される。故郷に近くて、ルートは私のようなライダーにぴったり」と、彼女は言う。「天気がレースをもっと面白くさせるの」

ファン・ダイクは、ここ2年のレースで連続優勝している。「普段出るレースより距離が短いから、スタートからみんな全力で走る。私の得意な展開ね。」

お気に入りのルートに行く時、小雨だからとライドを中止することがあれば、エレンの言葉を思い出そう。そして、天気にかかわらず、故郷ほど良い場所はないと覚えておこう。

最高のライドを体験するには?

ツアー・オブ・フランダース・スポルティーフ(2020年4月4日)が、プロのように走りたいなら一番良い。トレックバイシクル・コルトレイクでバイクをレンタルし、オーデナールデのスタート付近を走ってみよう。地元で醸造されたTrappistビールで疲れを癒すか、運が良ければ入手が非常に難しいWestvleterenを飲んでみよう。

About the Author: Trek

Our mission: we build only products we love, provide incredible hospitality to our customers, and change the world by getting more people on bikes.